桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の飲み方!タイミングや量で効果に違いも!

飲み方!効果的なタイミングや量は? 桑の葉茶

結論から言ってしまうと、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)で効果が期待できる飲み方、タイミング、そして量は次の通り。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の効果的な飲み方の3つのポイント
  1. お湯に溶かして飲む
  2. 糖質が多い食事や、カロリーの高い食事の直前に飲む
  3. 1日1包を継続して飲む

糖が気になる人たちが愛飲する桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)が気になっている方、試してみる価値はありますよ。

\糖煎坊の詳細をチェックするならこちらへ/

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)公式サイトへ

/糖や健康が気になる人必見!\

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の飲み方!タイミングや量のポイントは3つ

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の効果をより期待して飲むのなら、次の3つのポイントが重要です。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は薬ではないので、水に溶かそうが、お湯に溶かそうが、コーヒーに混ぜようが、どんな風に飲んでも構いません。また、好きなタイミングで、好きなだけ飲んでも構いません。

しかし、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は国産の桑の葉100%使用したお茶なので、桑の葉の有効成分を効率良くとるように飲んだ方が、糖を気にする人であれば、より効果が期待できます。

そこで、もう少し詳しく、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の飲み方、タイミング、量について解説していきます。

飲み方①:お湯に溶かして飲む

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)はお湯に溶かして飲んだ方が、桑の葉の有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)をより多く摂取することができます。

というのも、桑の葉の有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)は、90℃くらいのお湯に入れると30秒程度で80%以上が溶け出すことがわかっています。

つまり、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は水にも溶けやすいので、水に溶かしてそのまま飲んでも問題なく飲めます。

しかし、糖を気にする人が、より効果的に飲みたいのであれば90℃以上のお湯に溶かして飲んだ方が断然効果が期待できます。

飲み方②:糖質が多い食事や、カロリーの高い食事の直前に飲む

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は糖質が多い食事や、カロリーの高い食事の直前に飲むことで、より効果が期待できます。

というのも、桑の葉に豊富に含まれる「DNJ(1-デオキシノジリマイシン)」には糖の吸収をブロックする効果があることがわかっています。

【関連記事】桑の葉の有効成分DNJの効果は?糖を気にする人におすすめの理由も!

つまり、糖を気にする人にとっては、食事や間食から得られる糖が体内に吸収される前に、ブロックされればいいのです。

桑の葉に豊富に含まれる「DNJ(1-デオキシノジリマイシン)」を先に摂取しておくことで、糖の吸収をブロックする作用が働きます。

飲み方③:1日1包を飲む

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は1日1包を継続するだけで効果が期待できます。

もちろん、食事や間食の糖が気になるから、毎食前に1包、1日に計3包飲むという方もいますが、桑の葉には食物繊維が豊富なため、体質によってはお腹を壊す人もいるので飲み過ぎには注意が必要です。

また、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は薬ではないため、即効性は期待できません。だから、1度にたくさん飲んだからといって、より効果が期待できるわけではないのです。

個人差があるので、飲み始めて1週間で体調に何らかの変化がある人もいるでしょうし、1か月飲み続けて体調に嬉しい変化があったという人もいます。

効果を期待して飲むのなら、1日の適正量である1日1包を最低3か月は継続して飲むという方法がいいでしょう。

\初回78%オフの最安値で試してみる!/

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)公式サイトへ

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を飲む際の注意点は3つ

桑の葉茶「糖煎坊(とうせんぼう)」を飲む際の注意点は次の3つです。

注意点①:飲み過ぎるとお腹を壊す場合もある

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は、飲み過ぎるとお腹を壊すことがあります。

というのも、桑の葉茶には食物繊維が豊富なため、体質によってはお腹が活発に動いてしまって、下痢をするとか、腹痛を感じる人もいます。なかにはお腹が張るような違和感をもつ人もいます。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は飲む量を増やしさえすれば、期待できる効果が高まるということは決してありません。

なので、1日の目安量である1日1包を目安に、お腹の様子を見ながら少なくとも3か月は継続して飲むようにしましょう。

注意点②:薬やサプリメントとの併用で効果が弱くなることも強くなることもある

薬やサプリメントを服用している場合、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)で期待できる効果が弱くなったり、強くなったりすることがあります。

なかでも注意したいのが、糖尿病の治療を受けている人や、血糖値を下げる薬を飲んでいる人が桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を併用するケースです。

治療を継続して受けながら、また薬やサプリメントを服用しながら、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を飲むのであれば、勝手な自己判断に頼るのはやめましょう。

必ず、飲む前に担当の主治医に相談するようにしましょう。

注意点③:妊娠中や授乳中でも飲めるが体調の変化に注意したい

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)には特に目立ったアレルギー成分やカフェインは含まれていないので、妊娠中の方や授乳中の方でも飲むことができます。

しかし、妊娠中は普段であれば全く反応しないものに反応することもよくあることです。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を飲むようになってから、なんとなく感じるようになった気になる体調の変化があった場合は飲むのを一旦やめましょう。

また、授乳中は母親が摂取したものの影響で、子どもに反応が出ることもあります。

自身の体調の変化だけでなく、子どもの体調の変化に違和感を感じるのなら、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を飲むことを控えましょう。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)をアレンジした飲み方

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)は、においも味もないので、何かに混ぜるといったアレンジをしても美味しく飲めます。

お湯に溶かして、そのまま飲みつづけることに飽きてしまったとか、たまには味を変えて飲みたい場合におすすめのアレンジメニューを紹介します。

なかでも、特に美味しかった6つのメニューをピックアップしました。

アレンジ①:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+コーヒー

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)とコーヒーを混ぜるだけの、桑の葉茶コーヒーです。

作り方は簡単で、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)1包を、コーヒーカップ1杯程度のホットコーヒーに溶かすだけ。

桑の葉茶コーヒーは、コーヒーを緑茶でいれる「緑茶コーヒー」でダイエット効果が期待できるというものをヒントにした私が愛飲する飲み物です。

【関連記事】桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を6か月続けてみた!口コミ体験レビュー

ちなみに、温かいコーヒーなら、桑の葉茶の有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)も効率良くとれるので、毎日コーヒーを飲む習慣がある方であれば一番アレンジしやすい飲み方です。

【関連記事】桑の葉の有効成分DNJの効果は?糖を気にする人におすすめの理由も!

桑の葉茶「糖煎坊(とうせんぼう)」にはこれといった味もにおいもないので、コーヒーの味や香りが変わってしまうという心配もありませんよ。

アレンジ②:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+豆乳

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)と豆乳を混ぜて作れば、抹茶豆乳ラテ風のドリンクになります。

作り方は簡単で、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)1包を、温めた150ミリ程度の豆乳に溶かすだけ。お好みによって豆乳の量を調整してみるといいでしょう。

豆乳は調整豆乳よりも無調整豆乳の方が、カロリーやタンパク質やイソフラボン、サポニンといった栄養価の点でもおすすめです。

自宅で簡単にできるオリジナルの桑の葉茶豆乳ラテ、豆乳好きならはまるかもしれませんよ。

アレンジ③:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+牛乳

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)と牛乳を混ぜて作れば、抹茶ラテ風のドリンクになります。

作り方は簡単で、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)1包を、温めた150ミリ程度の牛乳に溶かすだけ。お好みによって牛乳の量を調整してみるといいでしょう。

牛乳は低脂肪タイプのものなら、カロリーや脂肪分を気にする方でも使えますね。

オリジナルの桑の葉茶ラテが簡単にできます。

アレンジ④:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+野菜ジュース

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)と野菜ジュースを混ぜれば、オリジナルの野菜ミックスジュースになります。

例えば、野菜がなかなか取れない食生活の場合、野菜ジュースを飲むことを習慣にしている人もいるでしょう。

そういった方であれば、野菜ジュースに混ぜて飲む方法もあります。また、電子レンジでチンすれば簡単な野菜スープにもなるので、ちょっとお腹が空いたなぁ‥というときにも便利ですよ。

アレンジ⑤:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+トマトジュース

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)とトマトジュースを混ぜれば、オリジナルの野菜ジュースになります。

野菜ジュースと同じように、電子レンジでチンすれば簡単なトマトスープにもなります。

トマトジュースは加熱することで、トマトに豊富に含まれるリコピンの吸収率が高くなることもわかっています。

またトマトジュースはビタミンCが豊富なので、抵抗力を強めるはたらきだけでなく、美肌効果も期待ができますよ。

アレンジ⑥:桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)+焼酎

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)で焼酎を割れば「桑の葉茶ハイ」となります。

焼酎のお茶割りでポピュラーなものは、緑茶で割った「緑茶ハイ」と烏龍茶(ウーロン茶)で割ったウーロンハイです。

風味は「緑茶ハイ」と似ていて、すっきりとしているので飲みやすいです。

私が試した印象としては、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)と焼酎の割合は2:8くらいがちょうど良かったです。

桑の葉茶の味をもう少し感じたいのであれば、桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を少ないお湯で溶いて濃いめにしてみるといいでしょう。

\アレンジしても飲みやすい/

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の公式サイトへ

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の飲み方についてのまとめ

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の効果をより期待できる飲み方、タイミング、量についてまとめます。

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)の効果をより期待できる飲み方のポイントは3つ

  • お湯に溶かして飲む
  • 糖質が多い食事や、カロリーの高い食事の直前に飲む
  • 1日1包を継続して飲む

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)」は、糖が気になる… 甘いものやご飯・麺類などがやめられない… ケールの青汁など健康に気にしているけど、中々続けられない…など、糖が気になってはいるものの、何もしていない方には効果が期待できるお茶です。

しかし、ただ単純に桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)を飲めばいいというわけではなくて、より効果を期待できる飲み方や飲むタイミング、量があるのです。

健康診断が気になるけど、甘いものやご飯・麺類は食べたい‥のなら、お湯に溶かして食前に桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)で糖の対策を始めてみてはいかがでしょう。

\甘いものやご飯・麺類も気にせずに食べられる!/

桑の葉の糖煎坊(とうせんぼう)公式サイトへ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました