本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

香水・オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムの違いを解説

香水・オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムの違いを解説 モノ
スポンサーリンク

香水(フレグランス)の世界の基本を紐解きます。香りには様々な種類があり、その中でも特に知られているのがこれらの製品です。それぞれの濃度や特性、使い方には大きな違いがあります。日常生活における香りの役割から、これらの香水の選び方までを詳しく解説していきますので、自分に合った香水(フレグランス)を見つけるための一助となれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

香水とは

香水(フレグランス)は、香りの素材をアルコールに溶け込ませたものである。

美容業界において、これらの製品は香りの強さに基づいて分類されており、その順序はパルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンとなっている。

日本では、これらの製品群は一般に「香水(フレグランス)」と呼ばれることが多い。

日本の規制には、これら香水(フレグランス)製品の分類や基準に関する明確な規定がないため、製造する各社によって名称が異なることもある。

しかし、一般的には次のように区別されている。

オーデコロンとは

オーデコロンは、香り成分の含有率が2~5%で、効果が1~2時間続く軽いタイプの香り製品です。

新鮮な洗い立てのような清涼感を求める時や、香水(フレグランス)初心者におすすめです。

この製品は、フランス語で「eau de Cologne」と呼ばれ、「EDC」と略されることがあります。

その香り成分の濃度が比較的低いため、しばしばオーデコロンとその他の香り製品(パルファム、オードパルファム、オードトワレを含む)というカテゴリーで分けられることがあります。

オードトワレとは

オードトワレは、香料の濃度が5~10%で、香りが3~4時間持続する特性を持つ香水(フレグランス)です。

その軽やかな香りは日常使いに最適で、控えめながらも長時間心地よい香りを楽しめます。

このタイプの香水は、「eau de toilette」というフランス語の名称から「EDT」と略して表されることが一般的です。

オードパルファムとは

オードパルファムは、香り成分の濃度が10~15%で、約5~7時間の持続力を持つ香り香水(フレグランス)です。

パルファムに似た豊かな香りを持ちながら、より軽い濃度で作られているため、パルファムに比べて価格が手頃な場合が多いです。

このタイプの香水(フレグランス)は、「eau de parfum」というフランス語の名前から、「EDP」という略称で呼ばれることが一般的です。

パルファムとは

パルファムは、香り成分が15~30%含まれており、約5~7時間の持続効果があります。

この高い濃度のため、少量でも数時間にわたって香りが続きます。

英語で「perfume」と言われる「香水」は、フランス語の「parfum」と語源を共有しています。

一般に「香水(フレグランス)」と言う場合、特に「パルファム」を指すことが多いです。

まとめ

香水、オーデコロン、オードトワレ、オードパルファム、パルファムの違いを解説しました。

それぞれの香水(フレグランス)が持つ独自の特徴や適した使用シーンを理解することができたかと思います。

香りの濃度や持続時間の違い、各種フレグランスの適用場面を把握することで、あなたのライフスタイルや好みに合わせた最適な香水選びをしてみましょう。

あなたにとって特別な香りを見つけ、日々の生活に彩りを加えましょう。

たんご
たんご

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



プロフィール
この記事を書いた人

ダイエットと美容に関心のあるアラフォー女子。たんごと娘こたんごが実際に試したコト、気になったコトを発信中。ランキングサイトや口コミではわからない、試したからわかる本当のことを暴露しちゃいます。闇話や裏話も大好き!ときどき「へぇ~」ってことも発信しています。

胡桃桃子(通称たんご)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました