テレワークや在宅勤務でできるデータ入力 手軽に始める方法とは?

高収入在宅勤務データ入力の副業 副業・仕事

副業アルバイトをしている社会人は案外多くいるのです。

そこで今回は

「副業を考えているけれど、何をしたらいいのか?」

と悩む社会人におすすめのデータ入力の仕事について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレワークや在宅勤務でできるデータ入力の副業アルバイトとは?

そもそもデータ入力の副業アルバイトについてみていきたいと思います。

データ入力の副業アルバイトには資格が要らない

必要な物はパソコンだけ。

パソコンが使えれば、特別な資格やスキルがいらないので、すぐに始められる副業アルバイトです。

データ入力の副業アルバイトの仕事とは?

簡単に仕事内容を説明すると、紙に書かれた伝票や資料をパソコンに打ち込んでいく仕事になります。

一般的に、企業内の顧客情報やアンケート結果、病院の診療内容などの紙に書かれた内容をパソコンでそのまま打ち込むことが多いです。

他にも、企業の持っている情報を分かりやすくまとめてデータ化するといった仕事もあります。

例えば、名刺や手書き伝票の入力、顧客データの入力、住所や電話番号などをリスト化する、アンケート情報を集計し、結果を一覧化するといった内容です。

教育業界を始めとして、まだ紙の書類でデータや書類を保管している業種や会社も多いため、データ入力の副業アルバイトという仕事には今後も需要があるのです。

データ入力の仕事には正確性と機密性が高いものがあるので、それなりに信頼の置ける人なら、官公庁からの依頼が来ることもあります。

スポンサーリンク

在宅勤務でできるデータ入力の副業アルバイトの平均収入は?

一般的に、データ入力の副業アルバイトの平均収入は、勤務体系によって異なってきます。

副業アルバイトでデータ入力を行なう場合は在宅勤務が大部分ですが、会社勤務のケースも参考までに紹介します。

在宅勤務の場合

文字単価で換算していくと、1文字0.1円から1円、1件あたり10円から50円がデータ入力の単価の相場といわれています。

例えば、テープ起こし。テープ起こしもデータ入力の仕事に入りますが、1分で100円から200円が一般的な相場といわれています。

しかし、現実は厳しく、100円を切る単価で発注されていることも多いのです。

なかには、実績を積み重ねてスキルアップしていくと、より高単価の案件もくるようになる人もいます。

会社勤務の場合

派遣や正社員という形で会社に勤めてデータ入力をした場合は、ほとんどが時給1000円くらいです。

ただし、在宅勤務と違って、会社勤務の場合は、出来高制ではないことが特徴なので、人によってはメリットであり、デメリットともいえます。

専門的な内容や複雑なもの、高度な技術が要求されるデータ入力の副業アルバイトであれば、時給の高いところでは1300円や1500円というところもあります。

スポンサーリンク

在宅勤務でできるデータ入力の副業アルバイトの口コミや評判

データ入力の副業アルバイトを始めようか迷っているのなら、実際にデータ入力の副業アルバイトを体験した人たちの体験談・口コミや評判を参考にするといいでしょう。

在宅勤務のデータ入力の副業アルバイトのメリット

  • コツコツと作業をこなしていくうちに、効率的にこなせるようになった
  • パソコンスキルが上がった
  • 隙間時間を見つけて仕事ができるので、時間を有効活用できる(特に主婦や学生)
  • 在宅勤務はやればやるほど報酬が増えていくのが嬉しい

在宅勤務のデータ入力の副業アルバイトのデメリット

  • 自宅では仕事のやる気が起きないときがある
  • 仕事をすればするほど、引かれる手数料が高い

データ入力の副業アルバイトの仕事はどうやって探すのか?

在宅勤務でのデータ入力を行うためには、どこで仕事を探したらいいのでしょうか。また経験者の口コミや評判から聞かれる、手数料が高いとはどういうことでしょうか。

クラウドソーシングサイトや求人サイトで探す

在宅でのデータ入力を行うためには、クラウドソーシングサイトのクラウドワークスやランサーズなどに登録することで、簡単に大量の案件が見つかります。

なので、 クラウドソーシングサイトのクラウドワークスやランサーズなど案件の中から自分のスキルや興味の範囲をまずは考えて始めるといいでしょう。

また、インターネットのバイト情報からも応募することも可能です。

但し、これらのサイトを介して、データ入力の副業アルバイトをするメリットは、求人や案件が見つけやすいことです。

その反面、デメリットとしては、受け取れる報酬額から20%ほどの手数料を取られることがあります。

実際に、こうしたサイトでデータ入力の仕事をした経験者によると、単価が高く沢山の案件をこなせばこなすほど、20%の手数料が重くのしかかってくると口を揃えていいます。

例えば、

1入力10円で1日300件のデータ入力を20日した場合

10×300×20=60000円

と、本来は60000円の収入なのですが、

ここから60000円の20%

60000×0.2=12000

12000円が手数料として引かれるので、実際に振り込まれる金額は

60000-12000=48000円になります

これが手数料が高いという実態です。

といっても、そもそも、データ入力の仕事がみつけられない…

というのであれば、あらかじめ差し引かれる手数料を計算しながら、データ入力の副業アルバイトを始めてみるのもいいでしょう。

在宅勤務でできるデータ入力の副業アルバイトの仕事も慎重に

つい軽い気持ちでやってしまいがちなのが副業アルバイトです。

しかし、副業アルバイトのなかでも、データ入力の副業アルバイトは気軽に始められることがメリットとはいえ、お客様の大切なデータを扱うのです。

くれぐれもデータが漏れた…なんていうことのないように、 ネット環境、とくにセキュリティーは強化して、データの取り扱いには気をつけましょう。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました