【体験談】仕事の人間関係が辛い人へ…人間関係がうまくいくコツを教えます

会社行きたくない 副業・仕事

どこの会社や職場にもある あるあるの人間関係の悩み

とくに、コロナ禍で在宅勤務や短縮勤務になったことで、人間関係の煩わしさから解放され

会社に行きたくない…

またあの人かぁ…

職場の人間関係 がより辛く感じる人もいるでしょう

仕事と人間関係は密接に絡み付いているから楽しいとも言えるし、厄介とも言えるのです。

人間関係が上手くいかないと職場に行くことも、社内にいることも憂鬱になるので、結果的に仕事も上手くいかなくなる傾向にあります。

さらに、仕事が上手くいかないと、プライベートも上手くいかなくなる人が多いことも知られています。

メンタル面でやられてしまうと、プライベートにも影を落とすようになることが多いので、職場の人間関係がうまくいかなくなることは想像以上に大問題と言えるのもわかるでしょう。

もし、今、職場の人間関係が原因で、憂鬱だなぁ…と感じている人は、それが自身の甘えなのか、自身の落ち度なのか、今回は一緒に考えていきたいと思います。

私も陥った、こんな会社辞めてやる!

今となっては、会社を辞めてやる気持ちがどこかにいってた 副業のすすめ を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場の人間関係をうまくしておくコツ

会社の人間関係

まずは、人間関係をうまく、つまり良好に築くコツについて考えていきましょう。

モチベーションの向上

仕事が出来れば人間関係はどっちでもいいということは決してありません。

むしろ、一般的に、仕事ができる人は人間関係も良好な人が多いという特徴があります。

これはどの業界でも、たとえ、どんな仕事を選んだとしても、似たような人に出会すことがあります。

仕事に限らず、物事が上手くいく人というのは、人間関係も上手くいっていることが多いのです。

「そんな馬鹿な…」と思うのなら、周囲をじっくり見渡してみるといいかもしれません。

もし、今やっている仕事が、退屈すぎて、あくびが止まらないような状況の仕事であっても、

人間関係が良ければイキイキとしてくるもの、ほんと不思議なものです。

事実、人間関係が上手くいっていれば、毎日、出勤するのが楽しみになってくるものなのです。

「何をするかではなく、誰とするか」ということが、その最たるものであると言えるでしょう。

スムーズなやり取り

スムーズなやり取りとは、いわば仕事上の連携プレーの事とも言えるでしょう。

この連携プレーがスムーズに行えないと、仕事をやっていく上では致命傷になることが多いのです。

これをやっておいてって、○○さんに伝えておいたよ

どういう意味ですか?聞いてないですよ

会話のやり取りを聞いているだけでも、人間関係の険悪さの深刻度はわかるでしょう。

私の勤務する塾の人間関係も相当ヤバい!

  • 教室長からのメールを全スルーする講師
  • 生徒の前でも勤務する塾の悪口を言い合う講師たち
  • 教室長と事務員の粗探しをする講師たち

これらの問題行動、複数の50代の男性講師たちの仕業なのです。

いつの頃からか、私に全く関係のないメールが教室長から届くようになって気づいたのです。

たんご
たんご

メールの宛先に私のアドレスがない…

ということは、bccに私のメルアドレスがあった!

教室長も人の子なのだと思った瞬間でした。

講師との人間関係が悪化し、教室長をクビになりたくなくて、どうしようもなくなったのか、

はたまた、一人でも味方が欲しかったのか、なぜ私が選ばれたのか今だに謎ですが…。

唯一わかったことは、私の勤務する塾の人間関係はドロドロと悪化する一方であるということ。

昨日も、高校受験間近であるというのに、中学3年生の男の子を、ムシの居所が悪かったのか、怒鳴りつけている痛い50代の男性講師がいました。

素直に注意や意見を聞ける

一緒に働くメンバーから、何らかの仕事上の指摘を受ける時、ムッとした経験は誰でもあるでしょう。

上司に叱られるときこそ、普段の人間関係がものを言うことが多いのは社会人経験が豊富であればわかるでしょう。

あばたもえくぼ、えくぼもあばたなのです。

  • 関係が芳しくない上司から厳しく叱責されると、根に持ちやすい
  • 仕事にも身が入らなくなりやすい

上司も段々とその事に気付き始め、部下の顔色を窺うようになって、ドロドロとした人間関係の職場が出来上がってしまうことは想像できるでしょう。

それでも休憩時間中などにコミュニケーションを取ったりしていると、人間関係の修復が図れるようになります。

しかし、 休憩時間中などのコミュニケーションすら取れなくなると、抱えなくてもいいような心労を抱えることになり、もはやその職場に出勤すること自体が辛いものになってしまうのです。

塾講師は協調性ゼロ?

俺様気質が目立つのが50代の男性塾講師たち。

とくに、別の職種で雇用された経験のないまま塾講師を長年やっている人は相当ヤバいのです。

マンツーマンの塾の場合、塾講師は単独プレーが大部分を占めるので、協調性は要らない。

しかし、やたらと他人が気になる講師がいたり、群れたがる厄介な講師がいると、塾という職場の人間関係は相当面倒くさくなる。

なぜか?

それはプライドが高いから。

そして、問題行動を起こす50代の男性講師たちは承認欲求が強い特徴もあるので、ヨイショしてくれる人が欲しいようで、周囲を巻き込んでいくので、職場の人間関係はドロドロなんです。

スポンサーリンク

職場の人間関係をうまくするためにやっている事

仕事の人間関係

ここからは私が人間関係を良好に築くためにやっていることを具体的に書いていこうと思います。

挨拶の徹底

挨拶がまったくできない人、実は増えているのが現状なのです。

なぜか?

知らない人には話しかけないのよ

こたんご

はーいぃ

子どもの頃から 知らない人には極力話しかけないの と育てられた世代が社会人になっているということが言えるかもしれません。

挨拶をしないってそんなに大変なことなの?

少なからず、職場の人間関係を上手くするためには重要といえるでしょう。

挨拶をしないだけで、根に持たれることだってあるのも事実。

少なからず、私の勤務する塾は「○○は挨拶しない」と陰で言われ続けるから非常に厄介なんです。

だから、仲がドロドロしている講師同士も、散々教室長の悪口を言っている講師も、満面の笑みで挨拶をしているから、傍から見ている方からすれば相当気持ち悪い人達なのです。

言い訳はしない

無意識でやってしまっている人も多いものが言い訳

あまりに言い訳を繰り返していると、他人から見放されそうになることがあるので、言い訳をしがちな人は要注意なのです。

そもそも、言い訳する人と言い訳しない人の違いは何なんだ?

言い訳をすることは自己防衛ともいえるし、ある種の習慣ともいえます。

言い訳しない人の多くは子どもの頃から言い訳しない傾向が強いといえます。

多くの子ども達を教えている経験からいえることは、

  • 言い訳をしない子どもたちは優秀な子どもが多い
  • 言い訳をする子どもは逃げ癖がついている

職場でも、言い訳をしなければ、たとえ仕事ができなくても応援したくなるものです。

しかし、何かと言い訳ばかり聞かされているとどうでしょう?

もう、こいついいや

そう、見捨てたくなるのが人間の本音なのです。

スポンサーリンク

仕事の人間関係があまりに辛いのなら

会社員の副業

会社に行きたくない原因が人間関係にあったとしても、それを解消するのが困難であるというのもよくある話。

職場の人間関係は子どものいじめよりも酷いことがあるので、こじれた人間関係の修復が厳しいことも珍しくありません。

人間関係の修復にエネルギーがかかりすぎるのなら、環境を変えることも視野に入れてみるのもいいかもしれません。

どうしても駄目なら環境を変えてみるのも一つの方法といえるでしょう。

ところで、あなたの市場価値、知ってる?

自分の市場価値を診断してみた!私は697万円だった…あなたは?
今の会社に、今の給料に、あなたは満足していますか?会社から正当な評価をされているのか気になりませんか?ここではあなたの本当の価値がわかる市場価値を算出します。

しかし、いろいろ経験した私がおすすめする方法は、副業をすることです。

実は、私が副業にはまった本当の理由は

雇用された会社をいつ辞めてもいい環境を作っておきたかったからなんです。

いろいろ経験したシングルマザーだから言えること、

それは、収入元は複数あるに限る ということです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業・仕事
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました