銭湯の絵タブー かいてはいけないペンキ絵が3つある?理由も紹介

銭湯の絵タブー かいてはいけないペンキ絵が3つある?理由も紹介 雑学

銭湯に行くと、大きなペンキ絵を目にするかと思います。

実は銭湯のペンキ絵には、銭湯の絵のタブーというのがあって、かいてはいけないテーマが3つあったのです。

今回は、銭湯の絵としてかいてはいけない3つのテーマと、使用してはいけないテーマの理由を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

銭湯のペンキ絵のタブーは「夕日」

銭湯の絵タブー かいてはいけないペンキ絵が3つある?理由も紹介

夕日は沈むと言いますよね。

沈む⇒落ちる というイメージから、景気が落ちることを意味します。

景気が落ちることを暗示する「夕日」は銭湯のペンキ絵のタブーなのです。

ジグソーパズルジャパン
¥2,816 (2021/11/12 09:32時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

銭湯のペンキ絵のタブーは「猿」

銭湯の絵タブー かいてはいけないペンキ絵が3つある?理由も紹介

動物の猿も銭湯のペンキ絵ではタブーとされています。

猿 ⇒ さる ⇒ 去る というイメージから、客が去ることを意味します。

お客さんが「去る」と、景気が落ちてしまうので、「去る」の関連する「猿」は銭湯のペンキ絵のタブーなのです。

銭湯のペンキ絵のタブーは「紅葉」

銭湯の絵タブー かいてはいけないペンキ絵が3つある?理由も紹介

意外かと思うかも知れませんが、紅葉も銭湯のペンキ絵ではタブーとされています。

紅葉の後に来るのが、葉っぱが落ちる、落葉という自然現象です。

つまり、紅葉 ⇒ 落葉 ⇒ 散り行く というイメージから、客がいなくなることを連想させます。

お客さんがいなくなってしまうと、景気が落ちてしまうので、「散り行く」を連想させる「紅葉」も銭湯のペンキ絵のタブーなのです。

銭湯の絵のタブーに共通するのは景気の悪化をイメージさせるものだった!

銭湯のペンキ絵のタブーとして、銭湯の絵にかいてはいけないテーマ3つと、その理由を紹介しました。

まとめると‥‥

  • 「夕日」沈むことから、景気が落ちるを暗示させる
  • 「猿」さるという読みから、去る、客が去るを暗示させる
  • 「紅葉」紅葉の後は葉っぱが落ちるという自然現象から、景気が落ちるを暗示させる

つまり、すべて、景気が悪くなることを暗示させるものはタブーというわけです。

なので、銭湯のペンキ絵には富士山が多いということなのですね。

たんご
たんご

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール
この記事を書いた人
胡桃桃子(通称たんご)

ダイエットと美容に関心のあるアラフォー女子。たんごと高校生の娘こたんごが実際に試したコト、気になったコトを発信中。口コミではわからない、試したからわかる本当のことを暴露します。闇話や裏話も大好き!ときどき「へぇ~」ってことも発信しています。

胡桃桃子(通称たんご)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました