SNSによる誹謗中傷はどこから?相談件数が増加!具体的な事例も

事件

2020年8月6日テレビ東京系列で放送されたじっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~に出演された、誹謗中傷の相談件数が年間1000件以上受けてきたYouTuber弁護士藤吉修崇さんのお話を参考にSNSの誹謗中傷に関する問題をまとめました。

今回は、SNSによる誹謗中傷はどこから?相談件数が増加しているという内容です。

また、気になる誹謗中傷の具体的な事例も紹介していきます。

 \ご案内は無料、無料相談、夜間相談、休日相談などご希望も受け付けています/

SNSの誹謗中傷に関するトラブルを解決できる専門家をお探しの方はこちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSによる誹謗中傷の相談件数が増加している

SNS誹謗中傷相談件数の増加

YouTuber弁護士藤吉修崇さんによると、以前から、誹謗中傷されたという相談件数は多かったそうです。

しかし、 木村花さんの事件以降、ネットに匿名で書き込んだ側からの相談がかなり増えているのです。

SNSによる誹謗中傷の相談内容は?

○○書き込みしちゃったけど、相手から訴えられるますか?

書き込みしてしまった内容が誹謗中傷になりますか?

法律上違法になるのかどうか判断してくれ

誹謗中傷だったら、逮捕されてしまうのか?

なんと、SNSに書き込みをした側からの上記のような相談件数が増加の一途をたどっているとのこと。

SNSによる誹謗中傷はどこから?

SNS誹謗中傷どこから

では、SNSによる誹謗中傷とは、一体何を書き込むと誹謗中傷にあたるのか、具体的に見ていきます。

まず、誹謗中傷には大きく分けて2つのパターンがあるのです。

批評や批判などの感想を書き込んだ場合による誹謗中傷

基本的に意見とか批評という感想の類い。

人によって評価が分れるものというのは 受忍限度を越えるかどうか が誹謗中傷の境界線となってきます。

つまり、書き込まれた側の我慢の限界を超えるかどうかで判断されるのです。

例えば、仕事や商品に対する批判や批評、評価とかそういったものは比較的セーフで違法にならないケースが多いとのこと。

ところが、それがエスカレートしてしまって「消えろ」「ブス」「見ていて気持ち悪い」とか、

女性の容姿に対して「トカゲみたいな顔だ」とか、人格攻撃に及ぶ書き込みになってくると名誉毀損にあたる可能性が高くなるので要注意です。

事実や個人情報を書き込んだ場合による誹謗中傷

SNSの書き込みで注意したいのは、こちら。

事実無根のことを書いて、その人の評判を落とすことは1発アウトで違法性が高い

ここで言う、具体的な事実とは、本当かどうかをちゃんと確認できることを指します

例えば、

「この司会者つまんない」はセーフ

「この司会者つまんない、とっとと消えろ」はアウトの可能性が高いのです。

SNSによる誹謗中傷はどこから?相談件数が増加!具体的な事例も まとめ

SNS誹謗中傷訴える
SNSによる誹謗中傷は大きくわけて次の2つ
  • 批評や批判などの感想を書き込んだ場合による誹謗中傷⇒エスカレートしなければ罪にならないケースが多い
  • 事実や個人情報を書き込んだ場合による誹謗中傷⇒罪になるケースが多いので要注意

SNSによる誹謗中傷は大きくわけて上の2つですが、問題は エスカレートしなければ罪にならないケースが多い という 批評や批判などの感想を書き込んだ場合による誹謗中傷なんです

要するに、SNSに書き込まれた側の我慢の限界が違法の境界線という、この我慢の限界は個人によって耐えられる我慢に差があるので、同じ事を書き込まれても、気にしない人と、ずっと引きずる人がいるように、一概に罪ではないと判断できないのです。

 \ご案内は無料、無料相談、夜間相談、休日相談などご希望も受け付けています/

SNSの誹謗中傷に関するトラブルを解決できる専門家をお探しの方はこちらへ

プロフィール
この記事を書いた人
松浦ちさ(通称たんご)

子持ちのアラフォー女子。何かとこだわりの強いたんご親子が試したコト、気になったコトを発信中。闇話や裏話が大好き!ときどき発信しています。

松浦ちさ(通称たんご)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました