SNSによる誹謗中傷の被害者で1番多い職業は?加害者はどんな人?

事件

フジテレビ系の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(享年22)

SNS上で誹謗中傷を受けた後に死去した問題をきっかけに、匿名で書き込む行為が大きな社会問題になっています。

決して他人ごとではない、知らないとあなたも加害者になることもあります。

SNS誹謗中傷被害者加害者
引用元  テレビ東京 公式サイト

今回は2020年8月6日テレビ東京系列で放送されたじっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~に出演された、誹謗中傷の相談件数が年間1000件以上受けてきたYouTuber弁護士藤吉修崇さんのお話を参考にSNSの誹謗中傷に関する問題をまとめました。

まずは、SNSによる誹謗中傷の被害者で1番多い職業は?加害者はどんな人?です。

 \ご案内は無料、無料相談、夜間相談、休日相談などご希望も受け付けています/

SNSの誹謗中傷に関するトラブルを解決できる専門家をお探しの方はこちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSによる誹謗中傷の被害者で最も多い職業とは?

SNS誹謗中傷に悩む

誹謗中傷の被害者で最も多い職業は芸能人と思う人も多いでしょうが…

正解は、夜の街の女性、つまり夜の職業の女性、風俗嬢やキャバ嬢なのです

SNSによる誹謗中傷、風俗嬢やキャバ嬢を誹謗中傷する人は男性?

SNS誹謗中傷書き込む加害者

誹謗中傷される最も多い職業が夜の職業の女性となると、誹謗中傷している人は男性と思いがちですよね。

ところが、実際は同業者の女性が風俗嬢やキャバ嬢に誹謗中傷を書き込むケースが断トツで多いのです。

しかも、すごい粘着的に何度もしつこく書く人は女性が圧倒的に多いそうです。

SNSによる誹謗中傷、風俗嬢やキャバ嬢を誹謗中傷する目的は?

同業者の女性が風俗嬢やキャバ嬢に誹謗中傷を書き込む目的は蹴落とすため

例えば、水商売をやっている女性だったら、同僚の女性を蹴落とすために「彼女は枕営業をやっている」などと書き込むケースが多いそうです。

SNSによる誹謗中傷、風俗嬢やキャバ嬢を男性が誹謗中傷しない理由は?

男性が、お客さんとしてサービスが悪かった場合に、腹を立てて男性がSNSに誹謗中傷を書くと思いますよね?

しかし、実際はほとんどないそうです。

というのも、SNSの誹謗中傷は匿名で行なえるため、誹謗中傷は書き込んでいる相手を特定するためには、ある手続きが必要になります。

ところが、 お客さんとしてサービスが悪かった場合に、サービス内容に腹を立てて男性がSNSに誹謗中傷を書いてしまえば、いくら匿名で誹謗中傷したとしても、書き込んだ男性が特定されてしまうリスクが高いのです。

SNSで誹謗中傷されて仕事を辞める風俗嬢やキャバ嬢が多くなっている

風俗嬢やキャバ嬢として働く女性の多くは本名を晒されることに恐怖を覚える女性も多くいます。

SNSで誹謗中傷される女性の中には、本名を書き込まれて、身バレしてしまい、精神的に病んで辞めていく人が多くなっていると言われています。

SNSの誹謗中傷が原因で、 風俗嬢やキャバ嬢として働く人材の確保が厳しくなってきていることも経営者を困らせているそうです。

SNSで誹謗中傷されてるとお店の評判にも影響が出てくる

風俗嬢やキャバ嬢を預かる経営者の中には、誹謗中傷されたことでお店の評判が下がってしまうことはやむを得ないと判断している人が多いそうです。

それよりも、ネットでの自身の書き込みを見ることを禁止しているお店もあるのです。

そのくらい、 風俗嬢やキャバ嬢として働く人材の確保が厳しくなっているというあらわれでしょう。

SNSによる誹謗中傷の被害者と加害者のまとめ

SNS誹謗中傷多い職業
  • SNSによる誹謗中傷の被害者で1番多い職業は夜の仕事の女性たち
  • その加害者は同業の女性

2020年8月6日テレビ東京系列で放送されたじっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~に出演された、誹謗中傷の相談件数が年間1000件以上受けてきたYouTuber弁護士藤吉修崇さんのお話を参考にSNSの誹謗中傷に関する問題をまとめました。

 \ご案内は無料、無料相談、夜間相談、休日相談などご希望も受け付けています/

SNSの誹謗中傷に関するトラブルを解決できる専門家をお探しの方はこちらへ

プロフィール
この記事を書いた人
松浦ちさ(通称たんご)

子持ちのアラフォー女子。何かとこだわりの強いたんご親子が試したコト、気になったコトを発信中。闇話や裏話が大好き!ときどき発信しています。

松浦ちさ(通称たんご)をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました