新入社員研修でわかる!?会社に行きたくないと言い出す社員の特徴とは?

会社に行きたくない新入社員 副業・仕事

またこの時期が近づいてきた…

今年は新型コロナウイルスの影響でどうなるかわからないけれども、

とりあえず行なわれる予定の新人研修。

ある時期から、新人研修を担当することになり、これも経験から学んだといえるのか?

・「会社いきたくなーい」病が発症するタイプの新入社員

・この新人君、長続きしないだろうな

などなど、ご縁が薄い新入社員を見事当てられるようになった。

会社に来なくなる、辞めたいと騒ぎ出す理由も、本人の適性不足というより、甘えが大部分と感じる。

傍からは厳しい言葉を投げたくなるのを我慢している時もあったけれども、

最近では、見て見ぬふりが1番の自己防御だと、これも社員研修担当になって学習した。

私がこれまで働いてきた職場で 「会社にいきたくないと言い出す社員」 は必ずといっていいほどにいた。

会社にいきたくないと言い出す社員が、

甘えから発せられる言葉なのか?

それとも違う原因からなのか?

検証してみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人研修でわかる「会社に行きたくない」と甘える社員とは?

これまで多くの新人研修で新人指導を行なってきた経験から、

「会社に行きたくない」

と言い出す社員にはある種の傾向があると気づいた。

口答えや言い訳が多い

まずは口答えや言い訳がやたら多い。

「でも…」「だったら…」などなど挙げればきりがない。

とにかく驚くほどの口答えや言い訳の嵐。

研修後に、部署に配属されても、 口答えや言い訳が多いから、上司や先輩から仕事を教えてもらえなくなるパターン。

そして、気がつけば、雑用係のポジションに封じ込められて、

置かれている状況に不満を感じて、会社を辞めていくのがあるあるパターン

子どもをみれば親の顔がわかるというが、きっと近くの大人が口答えや言い訳が多いのだろう。

そう思うと、毎年新人研修になると、私の子育ては大丈夫か?と心配になったりもする。

貧血で弱い

貧血だと朝の時間帯が不利であることには違いない。

けれども、会社で貧血を遅刻の理由として持ち出す輩もいるから笑える。

しかし、まともな社会人が聞いたら空いた口が塞がらない。

新人研修なのに、同じような事を言ってくる新入社員がいて呆れた。

本人はいたって悪びれた様子も無く、

「貧血だから仕方無い」

と逆に開き直っているようにも受け取れたから注意をする気も失せてしまった。

私が雇い主なら即刻クビにしたくなるなぁ…とぼやきたくなる人種だ。

教えてくれることが当然だと思っている

開口一番「教わっていません」といってくる新入社員も案外多い。

教わっていないという台詞を、免罪符のように乱用するのは新人の性なのか、甘えなのか、

それとも、まだまだ学生気分が抜けないのか、理解に苦しむ。

先輩や上司からすれば「こういうやり方だから覚えておいてよ」という意味であることが多い。

しかし、それに対する返答が「教わっていない」

社会人としての低レベルな会話のやり取りに摩耗することも4月には多い。

権利ばかり主張する

仕事はできないけれど権利だけは一人前に主張してくるのも特徴的だ。

「義務を果たしていないうちから、権利ばかりを主張するんじゃない」

とつい言ってしまいたくなるのを、毎年抑えていることも事実。

新入社員からすれば、自身の権利なのだから新入社員でも主張しても問題ない!

と思っている感が否めない。

しかし、一般論として「権利ばかり主張する」人は仕事ができない人が多いという事実もあるから、なかなか興味深い。

同じ部にいる社会人経験の豊富な上司や職場の先輩によっては、

今年の新人はハズレか…と教育意欲も失せてしまう。

まるで、社内での育児放棄のような状況になりかねない。

甘ったれた新人の対応に追われる上司や先輩たち

上司や職場の先輩も仕方ないとは思いつつも、色々と接し方を考えてくれている人もいる。

怒鳴らないようにしたり、ソフトな口調に切り替えたりなど、創意工夫というか、

めちゃくちゃ苦心しているのに気づいて欲しい。

それもこれも、新入社員に辞められたら困るという危機感から来るものではない。

パワハラなどと言いがかりをつけられて、こっちに非があるとされても困るから、ただそれだけ。

今の時代、パワハラに付け込む新入社員の質の悪さにも手に負えないものもあるのも事実。

新入社員と先輩や上司が、はじめから対等な関係でいようと

思っているということは決してないことを知って欲しい。

スポンサーリンク

新人研修はしつけのやり直しではない

この手の話は挙げたらきりがない。

「今年の新人は…」というフレーズで始まる会話、4月は本当に話題が尽きない。

「ちょっと怒っただけなのに、退職するって言われた」なんてことはすっかり日常。

「退職しますと言ってくれればいいさ、ショートメールで退職報告が来た」という強者も。

最近では、免疫がつきすぎて、どうぞどうぞと言いたくなるくらいに驚かなくなった。

だから、今年も新人研修などで教育担当を任されると何だか厄介事を押し付けられたような心境になってしまう。

「それはそれで良い勉強になるではないか」

「社会勉強になるよね」

などと、蚊帳の外から涼しい顔をして言っている人がいる。

彼らにも新人研修の担当をやらせてみて

「いい社会勉強だった」

と言えるのか試してみたい。

ハッキリ言って、この手の新人にはうんざりさせられるのです。

スポンサーリンク

新人研修に問題がある会社もある

しかし、実は「単なる甘え」だと一刀両断できない可能性もできません。

会社によっては新入社員に無茶な事をやらせたり、質の高過ぎる事を要求したりすることがあるのも事実。

だとしたら、これまで述べてきた新人の甘えとは本質が異なることになってくる。

新入社員にとってレベルの高過ぎる企業だったか、

最初から入ってはいけないブラック企業なのか、

いずれかの可能性も十分にありといえることもあり得るのだ。

新人研修で会社に行きたくないと言われたら

多かれ少なかれ、新人研修で会社に行きたくないと感じる社員はいるもの。

採用面接で見抜けなかった会社が悪いと言えば、それまでなのだが、

会社にいきたくないと言い出す社員を抱えてしまった会社の負担は並大抵の事ではないはず。

残念ながら、会社の環境に馴染めない社員もいることは否めない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業・仕事
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました