ホストクラブは華やかだけれども…実態はブラックと闇が満載!?#1

ホストクラブの現実 副業・仕事

学歴、経歴、経験一切不問。

男と女の欲望が渦巻く世界で、ホストは自分という商品に一攫千金の夢を託す。

煌びやかなシャンデリア、着飾った女たちに囲まれてグラスを交わす。

これが世間のイメージか。

ネットでは、ホスト未経験の人間が知ったかぶって、ホスト関係の記事を書いたり、動画を作っているのが散見される。

しかし、ホスト経験のある人間からすれば、とんだお笑い草である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホストという仕事は?

ホストクラブというのは、男性従業員が女性客の隣に座って接待をする日本の飲食店。

Wikipedia

ウィキペディアからの抜粋通り、仕事の中身としては本当にそのまま。

世間一般のイメージ通りであろう。因みに海外にはホストクラブというものは存在しない。

スポンサーリンク

ホストクラブの労働条件は?

勤務時間は6時間から7時間くらいで、売り上げが無ければ8時間になることもある。

これは店舗にもよるし、勤務時間が左右される要因は色々あって、一概には言い切れない。

新人や売り上げが少ないキャストは、7時間とみておけば間違いはないだろう。

ナンバー1ホストの勤務時間はどの店でも3時間から4時間くらいだ。

売り上げの40%から60%が自分の給料になるという理解でいい。

この%をバック率と言い、店舗毎に異なっているため、バック率に自信の無い店舗は、○○賞という賞金システムを多数設けて、見かけの給料をかさ増ししている。

賞金など、ナンバー3くらいのホストにしか関係ないのだが。

その一方で、いわゆる売れないホストには、最低保障日給というのがある。

これは6000円か7000円が相場だ。

歌舞伎町に関しては、ほぼ全てのホストクラブがこの金額だといっていい。

そして、ホストクラブ特有の皆勤賞がある。

1か月間、無遅刻無欠勤で2万円くらい貰える。

皆勤など昼の仕事からすれが当たり前なのだが、夜の世界では、無断欠勤をする信じられない人間が沢山いるのだ。

店休日は週休1日が相場だが、大手ホストグループの本店ともなると、週休二日制で有給休暇まで用意されている。

私が在籍していた店舗は、正月休みが6連休だし、ゴールデンウイークや盆休みは4連休をもらえていた。

店の行事の一つに旅行がある。

行先もオーストラリアやフランスで、泊まるホテルはリッツカールトンだったりする。

ホストなんて学歴不問で誰でもなれる割には、なかなか美味しい福利厚生のように思えるが、これはあくまでも歌舞伎町で有名店と言われる店舗の話だ。

無名店と言われるホストクラブでは、旅行や休日はこんなに良いものではない。

スポンサーリンク

ホストの一般的なイメージとその実態

一見華やかに見える世界も、そこに携わるとなると話は違ってくる。

なにもホストクラブに限った話ではないが。遠くから見ている分には華やかなだけである。

従業員の出入りが激しい業界だが、一年も経てば、キャストの半分は入れ替わっている。

「思っていたのとは違った」というのが、未経験者が辞めていく理由の殆どを占める。

年収1000万円を超えるなんて、一部のホストの話。

5000万円や1億円など、頂点レベルのホストである。

ところが、メディアでそんな話を見聞きして、勘違いした人間が次々と入っては辞めていく。

「思ったように稼げない」だけでなく、ホストクラブの異質な雰囲気に耐えかねたというのも、よくある退店理由だ。

少なくとも良いイメージを持たれていないことは、ホストたちも重々承知している。

華やかなイメージとは裏腹に、酒を無理矢理飲まされたり、暴力を振るわれたりなど、バックヤードのイメージは非常に悪いが、3割正解7割間違いといったところである。

ホストクラブは華やかだけれども…実態はブラックと闇が満載!?#2につづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業・仕事
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました