10代で介護職に就くのは難しくないの?10代で介護職になった人の実態と働きやすくするための方法

10代の介護士の現実 副業・仕事

高校卒業後、無資格で介護職として働く人、介護系の学校を卒業後に介護職として働く人、介護職に転職する人などさまざまな人がいますよね。

10代で介護職に就くのは20代、30代に比べて大変だと個人的に思っています。

では、10代で介護職として成功している人はどんなことをしているのか調べてみました。

10代で働く介護職の実態と介護職として成功するポイントを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10代で介護職になるのは難しい。10代で介護職に就いた人の実態

10代で介護職に就くのは若いと体力があり、さまざまな仕事ができるメリットもありますが、難しい面も多いようです。

10代で介護職に就いた人の実態を紹介します。

孫のように思われるが、利用者に信頼はされにくい

利用者は、10代の介護職の人を孫のように思っている人が多く、コミュニケーションがとりやすい場合が多いです。

しかし、コミュニケーションがとれるからといって、信頼されているという訳ではありません。

介護職の人が利用者にアドバイスをしたり言わなければならないことを伝えたりすると「なぜ、孫のような年齢の人に言われないといけないのか」となるケースが多いです。

コミュニケーションだけでなく、信頼関係を築けるように努めなければなりません。

利用者家族は利用者を預けるのが不安

施設勤務、通所勤務共に利用者の担当が付くことが多いです。

利用者の担当についた場合は利用者だけでなく、家族とも関わらなければなりません。

家族は、20代の介護職より年が上の人がほとんどです。

仕事のできよりも年齢で判断され、「こんな若い人に両親はまかせられないと」といって、担当の変更を、依頼されるケースもあるようです。

年配の職員とトラブルになることも

介護職の職場は他の職業より年齢層が高いです。

年齢層が高いの分、いろんな考えがありますが、考えに理解できずトラブルになるケースがあります。

スポンサーリンク

10代で介護職として成功するポイント

10代で介護職として働くには、年齢が若い分、信頼がないことがあげられました。

信頼を得るにはどのようにすればよいのでしょうか。

10代で介護職として成功するポイントを紹介します。

身だしなみ、言葉遣いに気を配る

髪の毛の色などは、以前ほど言われなくなりましたが、家族の信頼を得るには身だしなみや言葉遣いは大切です。

特に髪色といった外見は気をつけましょう。


また、特に若い人が注意されるのは言葉遣いです。

利用者、その家族、職員は年上が多いですので、言葉遣いに気を配りましょう。

情報収集や関わり方のアドバイスを得る

利用者、利用者家族の信頼を図るために、本人とのコミュニケーションだけでなく情報収集をしっかり行いましょう。

年齢で判断されがちですが、利用者の情報収集を行い、利用者を理解すれば利用者、利用者家族の信頼を得ることができます。

利用者の情報収集をするには、はじめは分からないことが多いです。

しかし、職場の先輩は経験もあり入社以前の利用者の様子などを教えてくれる人も多いです。

アドバイスをもらいながら利用者の情報収集を行いましょう。

10代の介護職にしかできないことをアピール

10代の介護職にしかできないことをアピールしていくことも成功するポイントです。

10代の介護職にしかできないことの例を紹介します。

  • 年齢が離れているからこそ聞ける利用者の本音がある
  • 体力や柔軟性

10代の介護職にしかできないことは、年齢が離れているからこそ聞ける利用者の本音が分かることと、体力や柔軟に対応できる力です。

10代の介護職は経験が少ない分、柔軟に対応できる力があります。

今、働く職場でできることをアピールし、経験を積めば長く介護職として働けるでしょう。

スポンサーリンク

介護職は経験を積むことが大切である

やはり、10代の人が介護職として働くには難しいことが多いです。

中には、数日で辞めてしまう人も多いそうです。

しかし、介護職は経験を積むことが大切とも経験者は仰っていました。

経験を積めば利用者の情報収集方法や利用者、利用者家族の信頼の得る方法も上手くいくでしょう。

できないことを出来るふりをせず、できないことを認めた上で、できることからはじめてみるといいでしょう。

また、分からないことを分からないままにしておかず、アドバイスを受けたり調べたりして解決しましょう。

どんな業界でも同じですが、分からないことを解決していることが、経験のプラスにもなりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業・仕事
スポンサーリンク
たんごる

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました